May

25

汗を抑えるツボ

全身の汗を抑える「手のツボ」をゆっくり何回か繰り返し強めに押す。

シート・濡らしたタオルなど)を体の効果的な部分に当てることで血管を冷やし、汗を止めるというより体温を下げるという方法。

体温の上昇を抑えるために放熱が必要となり発汗するので、その体温の上昇自体を抑えるには「リンパ節を冷やす事」が大変効果的らしく、首の後ろ・左鎖骨下・脇・太ももの付け根・ひざ裏のこの5つのポイントを冷やせば、体内を駆け巡るリンパ液や血液が冷やされ、体温上昇が治まりまると聞き実践しています。

あと「手首」、腕の関節部分の「肘(ひじ)の内側」、「こめかみと耳の間(もみあげの上あたり)」と「足首」も血管が皮膚に近いので冷却効果が高いらしいです。

外出中は汗防止のクリームや制汗剤などを振りかけたり塗ったり後は汗拭きシートや頭皮には冷たいスプレーをふりかけたりして温度を下げて汗をかきにくくしたり対策しています。

脇汗は特に目立つので脇汗パッドをしたりして汗を吸収しています。汗をかいた後に冷やしすぎると風邪をひくのでカーディガンなどの羽織ものを着用しています。

腸内フローラサプリ口コミ

Posted in 未分類 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です