May

30

任意整理のデメリット

1.人に知られてしまう
任意整理を行ったとしても、たいしたデメリットなどないと思われる方もいると思いますが、実際にはちゃんとあるのを知っていますか。
それは、官報に掲載されることです。
簡単に言うと、他人に知られてしまう可能性があります。
それが任意整理の一番大きなデメリットだということになるかもしれません。
個人再生には何通りかの不都合があります。
一番は高額であるということで、減額した以上に弁護士に支払う費用が上回ったなんて事例もあります。

しかも、この手段は手続きの期間が長くなるため、減額となるまでにかなりの時間を必要とすることが多々あります。
借金が多くなってしまって任意整理をすることになった場合、また新しく借り入れをしようとしたり、クレカを作ろうと考えても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査を通ることは出来ず、数年ほどはそのようなことを行えないことになっているのです。
借金をすることが癖になった方には、かなり厳しめの生活になるでしょう。
個人再生とは債務整理の一つで負債をすくなくしてその後の返済を緩和するというものです。
これを行うことにより多数の人の生活が楽な感じになっているという実態があります。
私も先日、この債務整理をして助けられました。
自己破産をしなければいけない場合、人生をやり直すための微々たる費用の他は、全てなくすことになります。
自宅や土地、多数の資産の他に、ローン返済中の車も引き渡さなければなりません。
ただし、他人が支払い続ける事に、債権者が了承すればローン返済を行いながら所有することもできるようになります。
裁判所を通さずに交渉し、合意成立してから、いくらお金を使う理由があるからといって、キャッシングを消費者金融などに申し込んだとしても、審査される際に通ることが出来ません。
ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、記載が削除されるまでには5~10年は必要になるため、その後になればキャッシングが可能です。http://yamikinharawanai.web.fc2.com/

2.任意整理ってどんなもの?
任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利の引き下げを行ったり、元金のみの返済に軽減してもらえるように交渉するという公の機関である裁判所を通すことなく借金減額の対処方法です。
おおよその場合、弁護士、司法書士が債務者と交代して話し合う場をもうけ、毎月の支払う金額を減少させることにより、完済できる道筋がみえます。
自己破産のプラスは免責となることで借金の返済義務から逃れられることです。
どうやって借金を返済するか悩んだり、金策に走り回らないでよくなります。
特に、あまり財産を持っていない人には、借金返済のために手放すことになるものが少しなので、利点が多いと考えられます。
債務整理は収入がない専業主婦でも可能です。
もちろん、内々に手続きをすることもできますが、借金の額が大きいときは家族と相談する方がいいです。
専業主婦でも支払いの目途が立たなければ、弁護士に相談して解決の可能性はあります。
自己破産とは、借金を返すことがもう明らかに無理だということを裁判所から分かってもらって、法律上で、借金を取り消してもらうことができるシステムです。
生活する際に、必要最低限の財産以外は、何もかも手放すことになります。
日本国民である以上は、誰でも、自己破産をすることが可能です。

Posted in 金融 | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です