Jun

2

au 4G LTE対応はHWD15からそのまま踏襲し

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応しているエリアが広がっています。

重ねて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
言う間でもなく、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しながらの通信も可能です。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。(WiMAX 2+対応の新製品W02とWX02、選ぶ判断基準はどこに?より)

GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを用意しており、そのバリエーションの豊富さも評判の秘密です。
そればかりか、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。更には、保証内容もしっかりしてるので、それが人気を支える大きな部分となっているのです。

月額料金の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXがございます。
圧倒的に月額料金が安いプロバイダですから、色々と制約を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。

でも、auスマートバリューmineに対応していませんので、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
更に、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。WiMAXサービスを提供するプロバイダですが、数社あります。
各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、その点、気を付けた方が良いです。

例を出すと、WiMAXとタブレットの両方が欲しいと言うのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+がそう言うキャンペーン展開を行っています。
ですから、選択したプロバイダによってお得感が変化しますから、しっかりとしたプロバイダを選ぶようにしましょう。

WiMAX通信に対応したデータ端末は、年々新製品が発売されます。
個々によって性能が異なり、出来る事も違います。

その中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14のお披露目です。
このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。
周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、さほど厳しいものではありません。ギガ放題プランにて契約すれば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。
また、混雑回避の為の速度制限に関しても、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。通信制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さはキープされます。

WiMAX通信を行なう為の機器は、日々性能が上がって来ています。
特に、通信速度の向上が目まぐるしく、今の時点で、最大の下り通信速度が220Mbpsに達しています。ですが、ここのところは通信速度より、総通信量に対する注目が集まっています。

新型WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。
なぜなら、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限、これが厳格になってしまったのが原因です。そう言う訳で、製造会社や使用者としては、ここに敏感になっているのです。WiMAXの素晴らしい所は、無線通信でインターネットを利用出来ると言う利便性が挙げられます。
無線を使用しますから、場所に囚われる事無く、広いエリアでのインターネットが可能となります。

更に、WiMAX機器は小型ですから、持ち運ぶ際に負担になりません。
そんな部分を考慮すると、タブレットとの組み合わせが最高です。ですから、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダもあります。

 

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。対象となるWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が出来るようになります。WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良くなりますから、凄く人気の良いサービスになってます。
WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。新製品が次々と登場し、WiMAXはどんどん利便性が増しています。
一例を挙げると、WiMAX回線を使った通信しか出来なかったWiMAX端末に、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。他にも、通信速度が毎年速くなっています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。

流行りのインターネットサービスの動きを観察していると、モバイルインターネット業界も魅力があり、気になる存在となって来ました。
持ち運ぶ事が出来ない固定回線とは違い、利便性の高さが大きい印象を受けます。モバイルのインターネットサービスは、どれだけ通信が安定するのか気になって来るところではあります。ですけれども、モバイルを取り巻く環境は整備が進み、安定したインターネット環境を手にする事が出来ます。と言う事で、モバイルは無線だからと言っても使えないと言う事は無いです。
WiMAXの契約時、料金プランの選択が必要です。

プロバイダ毎に少し異なるものの、大体、2種類の料金プランがあります。
それは何かと言うと、通常プランと言う料金プランとギガ放題プランと言う料金プランです。
ギガ放題プランを選ぶと月額料金が少し高くなりますが、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。それに対し、通常プランと言う料金プランは安いのですが、速度制限の規制が厳しくなるので、そこは注意しましょう。

自分のインターネットの使い方を検討しつつ、2つの料金プランのうちの1つを選びましょう。

モバイルインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。

一例を挙げると、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。
ぷららモバイルLTEには速度制限がないと言う話ではありますが、上下最大通信速度は3Mbps程度しか出ません。
この通信速度、速度制限の掛かったWiMAXよりも低速です。だから、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べるならば、ずっと速度制限が掛かっている状態と同じです。

WiMAXサービスを利用していて感じる利点は、複数存在します。まず、無線の通信回線ですので、どこからでもネット回線へのアクセスが出来ると言う点です。
続いて思い付くのが、モバイルのネット通信ですから、インターネットの回線工事は不必要です。加えて、モバイル通信と言う事で、安価でインターネットサービスを利用する事が出来ます。
はたまた、通信規制が厳しくないと言う点も、WiMAXが素晴らしいところと言えます。WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルセットで22750円も掛かります。それなりの金額となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。
そんなわけで、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。
プロバイダによってはクレードルとセットで無料のとこもありますので、そんなプロバイダを選ぶとベストです。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。何故かと言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリーの消費が激しかったからなのです。
それで、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新しく搭載されました。その上、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。WiMAXを利用する時、注意すべき速度制限は二種類あります。一つめが、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限と呼ばれているものがあります。
二つめが、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものが存在します。

 

ギガ放題プランで契約する事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。
ですが、混雑回避の為の速度制限は適用されます。
WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。

au 4G LTEは人口カバー率が99%の通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。また、800MHzのプラチナバンドを使っていますので、奥まった部分にまで電波が行き届きます。
その代わり、一回でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が掛けられます。
ワイマックスってインターネットのサービスですけれど、このネットサービスって、帯域制限の規制が緩く、その分の使い勝手の評判が良いです。

と言う訳で、じっくりと通信を行なう予定があるのならば、ストレスを感じずに利用出来るモバイルインターネットサービスではないでしょうか?速度制限を気にしてられないと言う方は、契約を考えてみてはいかがでしょう?電機屋で、光回線のサービスを店員さんから勧められました。
私はWiMAXを使っていますので、当然ながら、光回線に対して必要性を感じていません。店員にそう言うと、想定外の答えをされました。WiMAXなんか、天気が荒れてる時の受信は落ちるでしょう?ですが、WiMAXを使い続けている私から言わせて貰えば、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。天候に左右される事は一度もありませんでした。
台風直撃の最中であっても、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。WiMAXサービスを販売するプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダが存在します。Broad WiMAXの特性には、月額料金が安い点が挙げられます。

それだけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。

 

契約25ヵ月目以後は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。WiMAXと契約を申し込む際、様々なキャンペーン特典が付いています。
中でもお勧めなのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。

 

UQ WiMAXとなるとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。

 

どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多数のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。

この結果、下り最大通信速度が以前の110Mbpsから、二倍の220Mbpsとなるのです。
その他にも、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングをする事が出来ます。
前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、賛否両論、色々と意見があります。具体的には、通信が途切れるだとか、そう言った意見もあるにはあります。ただし、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。

な訳ですから、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。
口コミサイトでWiMAXについて調べる時には、いつ投稿されたかまで確認した方が良いでしょう。WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を請求されてしまいます。そんな長期契約期間になっていますので、きちんとしたところに申し込みを行いたい所です。結構見落とされがちなのが、それぞれの契約先のカスタマーサービスの対応です。電話対応が休日は非対応だったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。

 

 

Posted in it | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です