Jun

5

月間データ量による速度制限

ちょっと前から、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。

例を出せば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証の制度を導入しています。他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。

どこの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。WiMAXを利用する際に、注意すべき速度制限が二つあります。

まず、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限と言われているものが存在します。続いて、混雑回避の為の速度制限って言われるものです。
ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。
だけど、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。ここ最近のインターネットサービスの動きを見ていると、モバイル業界への企業参入が増えて、人気の高まりを感じます。これまで主流だった固定回線は持ち運び不可だったのに対して、とても便利なインターネットサービスとなっています。(3WiMAXの評判と、お勧めポイントは?より)

モバイルと言うと、不安定さを感じる方もいるでしょう。

ただ、最近はモバイルの環境が整備され、通信状態は安定しています。

と言う事ですので、無線だからと言っても、安定しないと言う事は無いです。

WiMAX通信に対応した端末は、次々と新しいものが開発されます。
それぞれにより機能が異なり、便利さも違います。そんな中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場です。

 

このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。
WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。
プロバイダで違うので一概には言えませんが、大きく分けて2種類の料金プランがあります。
気になる料金プランについてですが、ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです。ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。反対に、安さがメリットの通常プランがありますが、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。

月にどれだけの通信量が必要かを考えながら、どちらの料金プランを選択するかを決めましょう。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを用意しており、そのバリエーションの豊富さも評判の秘密です。だけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな理由は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。それに加えて、サポート体制もしっかりしているので、それが評判を支える大きな部分となっているのです。

UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますけど、25ヵ月間の契約が一般的です。
それは、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月々の料金が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

しかも、申し込みから26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結局のところ、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、お得感は積もり積もって大きくなります。
WiMAX通信機のサイズは、ポケットサイズです。従って、邪魔にならない大きさです。

ポケットに収まるサイズですし、重量も厚みも大した事無くて、二台入れても余裕あります。
ワイマックスルーターは、スマホアプリを使って操作可能です。

そう言う理由で、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用する事も可能です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回りくらい広いエリアでの通信を行えます。

 

加えて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。
WiMAXのサービスを提供しているプロバイダなのですが、数社存在します。契約するプロバイダ単位でキャンペーンや契約内容が違いますので、この点、注意が必要となります。

 

具体例を言うと、出来るだけ安い月額料金でWiMAXを使いたいのであるのならば、Racoupon WiMAXがお勧めのプロバイダと言う事になります。

 

このように、契約先となるプロバイダによりお得感に差が出ますから、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。WiMAXの機器は、日々進化を遂げています。

その中でも、通信速度が速くなり、現時点で、220Mbpsと言う速い速度に達しています。
ただ、この頃は通信速度より、総通信量が重要視されている傾向が見られます。新型WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。

 

どうしてかと言うと、回線の混雑を避ける為に設けられた速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。

 

そう言う事で、製造会社や使用者的には、ここに神経を尖らせているのです。WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。それほど長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約をしたい所です。意外と見落とされがちな部分が、各申し込み先のサポートセンターの応対です。

電話対応が休日は非対応だったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから申し込みを行いたいものです。nifty WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。
nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が出来るようになります。
WiMAX端末が手元になくても利用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いですから、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。
毎月の費用が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXってプロバイダが存在します。

 

驚くほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であると、業界で一番安いWiMAXのプロバイダであると言えます。だけども、auスマートバリューmineには対応していないですから、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。

 

はたまた、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応しているものもあります。

au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広いゾーンで利用出来ます。

 

それに、800MHzのプラチナバンドを使っていますから、奥まった部分まで電波が行き届きます。他方で、一度でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に掛けられます。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社であるUQコミュニケーションズなのです。
と言う訳で、auに連動したサービスがいくつかあります。
そんな中で代表的なものが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。
WiMAXの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの料金が安くなるサービスです。前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、ポジティブな意見ばかりではありません。一つの例として、電波がプツプツ途切れるだとか、そう言った悪評も存在します。ですが、WiMAXの基地局の数の向上と共にWiMAXの環境は良くなっています。そう言う訳ですから、口コミの内容が全てとは言えない状況下にあります。

 

口コミサイトのWiMAXの記事を読む場合、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。

WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルのセットで22750円もします。結構な価格となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。
ってことで、それぞれのプロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。

プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますから、そんなプロバイダを選ぶとベストです。WiMAXを契約すれば、この利便性の高さに驚かされます。

 

自分が契約後に思ったのが、通信制限が厳し過ぎないと言うところです。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも帯域制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。
Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応しているエリアが拡大しています。
なおかつ、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。言う間でもなく、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応してて、充電しつつのインターネットにも対応しています。WiMAXの良い所は、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。無線を利用しますので、どんなトコからでもインターネットアクセスが利用可能となります。
なおかつ、WiMAX機器は小型ですから、持ち運ぶ際に負担になりません。そんな部分を考慮すると、タブレットとの組み合わせが抜群です。なので、WiMAXプロバイダの中にはタブレットのプレゼントキャンペーンを行っているところもあります。確かにWiMAXには速度制限がありますけど、さほど厳しいものではありません。ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。また、混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。

通信制限時であっても、動画を観る事が可能な通信の速さは維持されます。
WiMAXサービスを導入した事により、私の生活は変わりました。最も大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする事がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。ですから、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合でも、ヒヤヒヤせず普通に観れる状態になりました。

 

WiMAXサービスの月々の料金ですけど、驚く事に、契約先によって金額が違います。例として、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が値下げされます。更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですが、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高額になります。こう言う感じで、それぞれの契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を決めましょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なうテクノロジーの事です。
この結果、下り最大の通信速度が従来の110Mbpsから、倍の220Mbpsとなる訳です。その他には、Bluetoothにも対応してますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。何故かと言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからなのです。
そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。加えて、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対応がしやすくなりました。

WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。このプロバイダが運営するWiMAXサービスなのですが、1年間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。
月々500円のサービスですから、6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。
WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。
次々と新しい端末が発売され、新技術が次々と導入されています。
例を挙げると、WiMAX回線のみに対応していたWiMAX端末が、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使い分けが出来るようになりました。更に、年々向上している通信速度もその一つでしょう。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が220Mbpsへと向上しました。
UQ WiMAXのサービスの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。
他モバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。
可能な事と言うと、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?ですけど、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、一日中ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。携帯型タイプのインターネットサービスは、WiMAX以外にも様々なサービスが存在します。
具体的に言うと、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。
ぷららモバイルLTEには速度制限がないと言う話ではありますが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。この通信速度って、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。

従って、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますけれども、WiMAXで言うと、常時速度制限が掛かっている状態とも言えます。

 

Posted in it | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です