Jun

8

発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。

その技術により、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言った速度から、倍の220Mbpsとなる訳です。

それに、Bluetoothと言う機能にも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。

 

発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。合わせて、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応していて、充電しつつの通信にも対応しています。→GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンでWiMAXを安く!
毎月の費用の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが挙げられます。

 

驚くほど月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ条件を付けない中であれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダと言えます。
ですけれども、auスマートバリューmineに非対応ですから、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
その上、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。WiMAXの端末は、常に進化を続けています。
例えば、通信速度の向上が目まぐるしく、今の時点で、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。とは言うものの、最近は通信速度よりも、通信を行った量の方に注目が集まる傾向が見て取れます。

新しいWiMAX機器のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。なぜなら、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限、これが頻繁に課されるようになったのです。

なので、製造会社や使用者としては、ここを意識しているのです。
昨今、WiMAXのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。

 

例を出せば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を用意しています。
はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入してます。いずれの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。
対応するWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類になります。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が出来るようになります。WiMAX端末を所持してなくても使用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良いですから、とても評判のあるサービスとなっています。WiMAXの月額料金ですが、なんと、契約先で金額が異なります。
例えば、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が割引きされます。
なお、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、契約25ヵ月目からの月額料金は高くなります。

このように、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。周知のようにWiMAXには通信制限がありますが、言われているほどハードなものではありません。
ギガ放題プランにて契約すれば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。
混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。通信制限の時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。WiMAX通信機は通常の値段が20000円しますし、クレードルセットで22750円もします。結構な金額になりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。ですから、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットで無料のとこもありますので、そう言うプロバイダを選択すると良いです。WiMAXを取得すると、WiMAX端末しか使わないから、家の中がさっぱりします。

光インターネットだと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。モデムには月々レンタル料金が掛かり、月額使用料金に追加課金されます。

手段として、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますけど、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。光インターネットサービスが主流ではありますけれども、従来の回線を凌ぐ勢いでモバイルインターネットへの需要が高まりつつあります。
好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、とても利便性が大きいのが特徴です。モバイルと言うと、不安定さを感じる方もいるでしょう。

そんなイメージとは裏腹に、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。

と言う事ですので、そんなモバイルに対して、バカには出来ません。

WiMAXを利用する時に、注意する速度制限は二つあります。
ひとつめが、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限と言われているものがあります。次に、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。
ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外になります。
ただ、混雑回避の為の速度制限に関しては適用になります。

 

WiMAX通信に対応した通信機器は、年々新しいものが発売されます。
個々により機能が異なり、出来る事も違います。

 

中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。このWiMAX機器はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。UQ WiMAXに申し込むと、その機能性の良さにビックリさせられます。

私が契約後に思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。
私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なんですが、帯域制限のせいでイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルじゃ無くなるのです。

WiMAXを利用していて思うメリットは、いくつか思い浮かびます。
まず思い付くのが、無線なので、任意の場所でネット通信を行なう事が出来ます。
次いで、モバイルインターネットですから、ネット回線工事が必要ありません。

更に、インターネットの回線工事は不必要と言う事で、低負担でインターネットサービスを利用する事が出来ます。
更に、通信規制が厳しくないと言う点も、WiMAX人気に通じる部分と言えます。UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。
なぜならば、25ヵ月間継続の契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
なおかつ、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、おのずと、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くと高額な金額ではありませんけど、割引きは毎月の事ですから、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

その理由として、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが激しかったからです。
そんな理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。なおかつ、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対応が取りやすくなりました。
WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。

 

プロバイダで違うので一概には言えませんが、2種類の料金プランが存在します。気になる料金プランについてですが、ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです。

ギガ放題プランの場合は月額料金が高額だと言うデメリットはあるものの、7G制限の無いお得な料金プランです。
その点、通常プランは月額料金の負担が少ないものの、速度制限が厳しくなってしまうと言う点に注意が必要です。

毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。

WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると違約金を請求されてしまいます。

そんな長い契約期間になっていますから、しっかりとしたところと契約をしたい所です。

結構見落とされがちなのが、それぞれの契約先のサポートセンターの対応です。電話対応が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから申し込みを行いたいものです。
WiMAXと言うネット通信サービスなのですが、このネットサービスは、通信制限が厳しすぎず、少しは使い勝手が良いです。ですから、余裕のあるインターネットの通信環境を手にしたいのであれば、ストレス無くインターネットを楽しむ唯一のモバイルサービスと言えます。

7G制限が気がかりと言う方は、検討してみるのも良いでしょう。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応して、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。
更には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところと言えます。家電量販店にて、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。WiMAXで満足している私ですし、言うまでもなく、光回線は必要ないものです。
販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、びっくりする回答をされました。WiMAXと言うと、その日の天気で受信状態が変わるでしょう?ですが、今までWiMAXを使用して来て、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。
台風で天気が大きく荒れた日も何度かありましたが、WiMAXの使い勝手が悪くなるような事はありませんでした。

顧客満足度ナンバーワンのWiMAXではありますけれども、帯域制限に注意しましょう。
他のモバイルインターネットサービスと比べ、WiMAXは緩めの速度制限の設定となっています。

けれども、速度制限自体はありますので、通信速度の対象となる基準は把握しておきましょう。
でも、速度制限の対象内となった場合にも、そこまで神経質に考えなくても問題無くインターネットは出来ます。WiMAXサービスを提供するプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開していて、そのラインナップの多さも人気の秘密です。
ですけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな理由は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。
それに合わせて、サポート体制もしっかりしてるので、それが人気を支える大きな部分となっているのです。新たにWiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は一変しました。最も変化が大きかった事は、スマホ通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマホで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。
そう言う理由から、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れる状態になりました。
PEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常3種類の料金プランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。その上、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。

時たま、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、タイムセールはいつもラインナップされている料金プランではありません。

 

WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、幾つかあります。契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、その辺、気を付ける必要があります。

 

具体例を挙げると、長く契約期間を続けるなら、Broad WiMAXと言うプロバイダが最もお得な月額料金になります。こう言った様に、それぞれの契約先で契約内容は違いますので、お得なプロバイダと契約を行なうようにしましょう。WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。
ラインナップされる新製品は次々と登場し、これまでに無い機能を持ったものもあります。例として、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が導入されました。
それから、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入され、通信速度が220Mbpsへと向上しました。
モバイルのインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスがあります。

例えばですが、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEがあります。
ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは確かにそうなのですが、通信速度が3Mbpsしか出ないと言うのはデメリットとも言えます。ぷららモバイルLTEの通信速度は、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。

 

そう言う理由で、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比較すれば、いつも速度制限が掛かっている状態になっているとも言えます。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの中に、Broad WiMAXといったプロバイダが存在します。Broad WiMAXの特徴には、月額の使用料金が安い点が挙げられます。その分だけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。

Posted in it | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です