Jun

8

有料オプションに加入させられておきながら

インターネット回線の契約をする際、契約を交わすプロバイダによって、勝手に有料オプションに加入させられるパターンがあります。
そんなプロバイダと契約交わした場合は、契約後、有料サービスの解約を行なう必要があります。


始めの2ヵ月だけ無料と言ったケースもありますので、初めの利用料金だけ確認して安心していると、勝手に課金されていたと言うパターンも耳にします。

一番悲惨なのは、有料オプションに加入させられておきながら、オプションを一度も利用しないままに課金されるケースでしょう。

 

光回線の契約を行う際、代理店を窓口にプロバイダに申し込みをします。
この仕組みがちょっと分かりづらく、同一の代理店を窓口にした契約であったとしても、選択したプロバイダによって契約条件が異なります。(auひかり、センターモバイルのキャッシュバックはお得?を参考)

 

それはキャンペーンの特典にも該当する事で、キャッシュバック額もプロバイダにより異なります。なおかつ、キャッシュバックが貰える要件もプロバイダによって異なりますから、総合的に判断する必要が出て来ます。光回線サービスの契約時は色々なキャンペーン特典が付いて来ますが、その中でもキャッシュバックキャンペーンが定番です。
キャッシュバックキャンペーンでは、JCBギフトカードをプレゼントする形式でのキャッシュバックを行っている所もあります。
JCBカードは対応している店舗でしか利用出来ませんし、会計の際のお釣りも貰えません。
その分郵送が出来ると言う利点がありますから、手続き不要で間違いなく貰えると言うメリットがあります。
光回線のサービスなのですが、各携帯会社も参入しています。

これらの会社の強みは、スマートフォンやケータイの月額料金とのセット割引きを行っている部分にあります。例を挙げると、auひかりでしたらauスマートバリューと言うサービスを展開していますし、SoftBank光だってスマート値引きと言うキャンペーンを展開しています。実際の値引き額としては、家族の所持する1端末毎の月額料金が2000円安くなると言った割引き内容になっています。
光インターネットの契約手順は、どの通信回線を選ぶかと言う事から始まります。
有名ドコロで言うとすれば、フレッツ光やauひかりなどの光サービスがあります。

その次に選ぶのは、窓口となる代理店となります。その後、選んだ代理店が取り扱うプロバイダの中から、契約先をセレクトすると言う手はずを取ります。
インターネットの契約をすると、各代理店でさまざまなキャンペーン特典を用意しています。キャッシュバックキャンペーンを行っている代理店が主流ではありますけど、その他にも色々なキャンペーン特典が展開されています。

 

例を挙げると、タブレットのプレゼントキャンペーンを行っている所も見受けられます。それだけじゃなくて、パソコンのプレゼントキャンペーンをしているとこさえもあります。インターネットを初めて導入する時は、インターネットの工事が必要となります。インターネットの回線工事の時は、工事作業員が家に来訪して、電話のモジュラジャックを改造します。この工事は工事作業員が家の中に上がりますので、工事に立ち会う必要が出て来ます。
合わせて、ネットの契約を行っても、ネットの回線工事をするまではインターネットが出来ません。光回線サービスのキャンペーン特典を使用する時の条件として、即日申込完了と言うものが定められている事があります。これは一体何なのかと言うと、その代理店へ一度でも連絡を行った際に、その日中に申し込みまで済ませると言う事を指します。

 

この決まりがあるから、問い合わせ客は連絡する事によってその代理店のキャンペーン情報を仕入れた後、検討する期間に期限が設けられる事になります。お問い合わせ後の見込み客があれこれと悩んでしまい、結局のところ決断出来なくなると言うケースを減らす為の制度と言えるでしょう。光回線のフレッツ光のサービスには、光コラボレーションもしくは転用と呼ばれるものが存在します。光コラボレーションと言う仕組みを利用する事で、従来はフレッツ光とプロバイダのどちら側にも料金を支払っていたものを、プロバイダだけにまとめる事が出来ます。
費用を減らす事が可能ですし、光コラボレーションに申し込む事によるキャンペーン特典を貰う事が可能です。光コラボレーションはフレッツ光と申し込み時の回線をそのまま使用しますから、新しい回線工事は不要で、乗り換えに伴う違約金も生じません。

 

フレッツ光の回線サービスの中には、転用と言うサービスが存在します。この転用と言うサービスを利用する時、工事費無料と言う部分を強みとして提示している代理店も存在します。
ですけども、この部分で注意が必要なのですが、転用(光コラボレーション)前の未払い分の回線工事費の支払いが残っていた場合は、未払い分の回線工事費がそっくりそのまま引き継がれます。
全部なくなると言う訳ではありませんので、そう言うところには注意しましょう。
光回線の代理店が行なっているキャッシュバック特典ですけど、高額な所だと有料オプションへの加入が条件となっていたりする事があります。

なので、実際にはそんなにお得ではなかったなどと言うケースもあります。それらを見越して、初めから有料サービス加入条件一切なしなどと言ったキャッチをキャンペーンサイトに記載している代理店もあります。

記載してない代理店は全て有料サービスへの申し込み条件があると言うことではないですけど、そうだと分かっていても、記載されている代理店の方が安心感は高いです。光回線サービスとひとえに言っても、様々な光インターネットサービスがあります。大手なとこで言えば、NURO光やeoひかりなどが挙げられます。例を挙げると、auひかりならスマートフォンのセット割引きが人気ですし、NURO光でしたら通信速度の速さが評判です。各社特色がありますので、しっかりと分かった上で光回線サービスを選択したいものです。

光回線の契約時、キャッシュバックを受け取る事が出来るキャンペーン特典を用意している代理店は多いです。

代理店によってキャッシュバック額に大きな差額がありますけど、キャッシュバック額だけで代理店を選択していませんか?キャッシュバックのキャンペーン特典を選択する時は、手続きの手段も含めた難易度を考える必要があります。他にも、いつ頃キャッシュバックを貰えるのかや、有料サービスへの加入は必要かなど、代理店によってキャンペーンを貰える条件に大きな差が出て来ます。光回線の契約を行なう際、選択した代理店によって違うキャンペーン特典が付いて来ます。
中でも多いのが、キャッシュバックキャンペーンです。回線工事から一定期間が経過後、条件に応じた金額分だけ、現金が貰えると言うものです。その結果安くサービスの利用が出来るので人気なのですが、貰えるまでの手続きのハードルが高い点が苦情の元にもなっています。
現在のインターネットサービスには、固定回線とモバイルインターネットとに分類されます。固定回線と言うと、過去に主流だったADSLや光回線、新たに主流になりつつある光ネクストがあります。インターネットサービスの利用には有線を使用しますから、近所までケーブルが来ている必要があります。

光回線を提供してる代理店では、高額なキャッシュバックで集客を行っているとこが多いです。
だけど、あまりにも提示されている金額が高額な代理店となると、キャッシュバックの金額に他のキャンペーンの金額を上乗せして表示されているケースもあります。って事で、光回線の代理店によって、誇張広告なんて批判されているところも見受けられます。
そんな中で、NNコミュニケーションズだときちんと貰えるキャッシュバック額を掲示していて、そこが支持されています。
色々な代理店ではキャッシュバック合戦が繰り広げられていて、少しでも高額なキャッシュバック額を提示している代理店が評判だったりします。とは言っても、高いキャッシュバックを獲得する為には別途オプションへの加入が必要だったり、数ヵ月後に手続きを忘れずに行なう必要があったりします。
そのままキャッシュバックの金額を比較するだけの比較サイトは、インターネットに沢山存在します。だけど、そんなキャッシュバックの難易度まで考慮に入れられているサイトは、とても少ないです。インターネットの便利さは分かっているとは言え、最初の費用が高そうで、なかなか光回線の導入に踏み出せないと言う方は少なくないでしょう。
けれど、ネット回線のサービスによっては、初期投資が無料になるキャンペーンを実施している所もあります。

そんなキャンペーンを利用する方法により、インターネットを契約する際の負担を軽減する事が出来ますから、光回線の契約が楽に変化します。
しかしながら、そう言うキャンペーンはIP電話への加入が前提になっていたりなどしますので、その点は要注意となります。
インターネットサービスの契約の際には、契約期限が定められます。

契約期間が満了するまでの間に解約手続きをすると違約金が発生してしまいますので、その点に関しては注意が必要となります。
この契約期間についてなのですけど、面倒なのが自動更新型を採用している場合です。

自動更新型を導入しているケースだと、定められた1ヵ月の間に解約手続きをしなかった場合、自動的に契約の期間が延びてしまいます。私が光回線の契約をした一番のワケは、安定性にあります。

 

通信の速度に関して注目されがちではありますけど、光インターネットの通信速度は、とっくの昔からオーバースペックになっています。

と言う訳で、1Gbpsだったり2Gbpsだったり言っても、実質は変わりありません。
それよりも、有線通信という確実性の方が、私としては魅力を感じます。光回線の申し込みをする時、それぞれの代理店によって異なるキャンペーン特典が準備されています。その際に見極めるべきポイントがあって、光サービス提供元が準備しているキャンペーン特典とプロバイダが用意しているキャンペーン特典とか、代理店が独自に用意しているキャンペーン特典があります。
光サービスの提供元が用意しているキャンペーン特典の場合だと、どこの代理店で契約しても変わらないキャンペーン特典が付いて来ます。ですから、契約する代理店を選ぶ時は、各代理店が独自で用意したキャンペーン特典に着目して比較する必要があります。様々なインターネット回線はありますが、現時点ではauひかりがイチオシです。

フレッツ光は既に普及が進み、今となってはキャンペーン特典が今一つになって来ています。ですけれども、他のインターネット回線はインフラがまだ進んでいませんから、契約したくても回線が来ていないと言う状況となっています。

auひかりを導入するケースだと、対応エリアが広い上にキャンペーン特典も魅力的な状況ですから、タイミング的に良い訳です。

光回線の特典として行われているキャッシュバックなのですが、各代理店によって受け取る方法が異なります。

一番多い手段が、契約から数ヵ月後に送られて来るメールに従ってURLにアクセスし、アクセス先で銀行口座情報を提出すると言う仕組になります。
それよりか難しいのは、FAXで銀行口座の情報を送信すると言う方式を採用しているところです。
コレ以外にも、銀行口座情報や関係する書類を郵送する必要があると言う方式を採用している代理店もあります。

 

光回線のキャンペーン特典で定番なものと言えば、利用料金の割引きキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。キャッシュバックキャンペーンの場合、ギフトカードでのキャッシュバックやポイントでのキャッシュバック、現金キャッシュバックの三種類があります。月額料金の割引きキャンペーンにしても各キャッシュバックキャンペーンにしろ、適用条件が設けられている場合が多いです。例を挙げれば、東日本の方だけだったりマンションタイプの方だけだったり、SOHOである事を条件にしている代理店もあります。
紹介キャッシュバックと言えば、自分が契約を行なう代理店を知人に紹介し、教えられた側が契約を行なうと成約する紹介料の事を指します。

 

紹介キャッシュバックと言うと、契約者の総数が増えるのに比例して、キャッシュバックの金額が増えるシステムになっています。ジェイ・コミュニケーションの場合を例にすると、一名の紹介成立で20000円、二名の紹介達成で37000円のキャッシュバック、三名の紹介で67000円ものキャッシュバックが貰えます。難易度が高いキャッシュバックですが、額が額ですのできっちり利用したい所です。光回線サービスで提供してるキャンペーン特典には、オプションサービスへの加入が適用条件になっているものもあります。最も多いのが、電話サービスへの加入になります。
インターネット回線サービスと電話回線サービスの両方への加入によって、初期費用が無料となるなどと言うようなパターンです。自宅の固定電話は使わないと言う人も増加して来ていますが、キャンペーン内容と合わせて決断してみるのも良いかもしれません。BIGLOBE光サービスと契約をする時、いくつかバリエーションがある事にお気付きでしょうか?従来のものでしたら、フレッツ光サービスの受付先としてBIGLOBEと言うプロバイダを利用する方式があります。

 

別の方式として、フレッツ光回線のサービスを卸したBIGLOBEが管理する光サービスを使用すると言った、光コラボレーションと呼ばれる形式もあります。加えて、BIGLOBEが管理するauひかり回線サービスもまた、BIGLOBE光と言われるサービスと言う形で売り出されているのです。光回線の契約で利便性を感じる場面は、何もパソコンを使用したインターネットだけではありません。無線Wi-Fi機器を使用すれば、スマートフォンとケータイ、タブレットも光回線を使ったインターネット通信を行なう事が可能です。

 

Wi-Fiの届く範囲内での使用限定とはなりますけど、7G制限を気にせずにインターネットが可能になる利便性は大きいです。無線Wi-Fi機器に対しては、プロバイダから配送されたものをレンタルし続けるのと比べたら、自分で新品を用意した方が安上がりです。光回線サービスの通信速度は、年々速くなって来ています。
ADSLが主流だった時代は、50Mbpsほどの下り最大通信速度でインターネットを行っていました。
ですが、光回線と言うインターネットサービスが新たに取引され始め、下り最大通信速度は100Mbpsに高速化しました。それから、光ネクストが取引され始めて下りの最大通信速度は1Gbpsに達しましたが、現在は下り最大通信速度10Gbpsのインターネットサービスも登場しています。光回線のキャッシュバックキャンペーンとしては、代理店の方から支払われるものや、プロバイダや光回線サービス大元から支払われているものとがあります。

 

前者は申し込む代理店によって金額が変動しますし、後者は公式キャンペーンと言う形式でキャッシュバックのキャンペーンが行われています。
それぞれ別個に振り込まれますから、支払いのタイミングが異なります。
また、キャッシュバックを受取る為の申し込み手続きや条件も異なりますから、そう言う部分への注意が必要です。

Posted in it | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です