Jun

9

速度制限が無い訳ではありませんので

使い勝手の良いインターネットサービスとして人気を集めているWiMAXではあるのですが、帯域制限に注意しましょう。

モバイルインターネットサービスは色々ありますが、WiMAXは速度制限が厳しくて通信に集中できないと言う程ではありません。

だからと言って、速度制限が無い訳ではありませんので、その点には注意しましょう。
ただ、速度制限の対象内となった場合にも、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。
UQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。au 4G LTEはauの通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超える、とても受信しやすい通信回線なのです。(Speed Wi-Fi NEXT WX02 クレードルセットを最もお得に購入を参照に)
800MHzと言った低周波数を使用したプラチナバンドで、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が届きやすいです。今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも増えて来ています。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。そのワケとして、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が激しかったからです。

ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。

そして、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対応が取りやすくなりました。
WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダがあります。
このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。

 

本来は月々500円掛かる有料サービスなので、6000円分のお得感があると言えるでしょう。
WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開していて、そのラインナップの豊富さも人気の秘密です。そればかりか、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。

 

更には、保証内容もしっかりしているので、それが評判を支える大きな部分となっているのです。
WiMAXを販売するプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダがあります。Broad WiMAXの特徴には、月額の使用料金が安い点が挙げられます。それだけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。
契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。

4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なうテクノロジーの事です。
その技術により、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsになる訳なのです。

 

他には、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。WiMAXを手に入れると、WiMAX本体しか使わないので、部屋がすっきりします。光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、月々の使用料金に上乗せされます。
また、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですけど、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。WiMAXを使っていて思うメリットは、いくらかある様に感じます。

一点目が、無線のネット回線なので、任意の場所でインターネットを行なう事が可能です。続いて思い浮かぶのが、モバイルインターネットですから、ネット回線工事が必要ありません。

その他にも、モバイル回線って事で、安価でインターネットサービスを利用する事が出来ます。

更に、通信規制が厳しくないと言う点も、なぜWiMAXを選ぶのかと言う理由になります。WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中では、完全独自のキャンペーン特典が用意されているとこもあります。
具体例を挙げると、DTI WiMAX? 2+ってプロバイダの場合、DTI Club Offと言うDTI会員だけの独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やレジャー施設、また、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。映画のチケットやミュージカル、展覧会やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスは幅広いですから、色んな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。
WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をすると契約解除料を取られてしまいます。
それほど長い契約期間になっていますので、きちんとしたところと契約を行いたい所です。

うっかり見落とされがちなのが、各契約先のカスタマーサービスの応対です。
電話対応が休日は非対応だったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダもありますから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。最近、WiMAXサービスの契約先の中には、独自の保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。例として挙げれば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を導入しています。

 

あとは、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日の保証制度を導入しています。どっちの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。

WiMAXの端末の中には、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広いエリアで繋がります。
加えて、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、奥まった部分まで電波が行き届きます。その代わり、一度でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に掛けられます。
家電量販店にて、光インターネットの勧誘を受けました。
ですが、私はWiMAXを使用していますし、当たり前の事ですが、そんなものは不要です。WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、想定外の答えをされました。WiMAXだったら、天気の悪い日は受信が悪くなるでしょう?ですけれど、私の今までのWiMAX経験からすれば、天気とWiMAXの受信具合を証明するような因果関係は見られません。大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。

WiMAXに申し込めば、この利便性の高さに驚かされます。私が思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。

 

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXサービスにも通信制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。
WiMAXと契約を行う際、色々なキャンペーンサービスが付いています。特に嬉しいのが、公衆無線LANが利用可能になるサービスでしょう。UQ WiMAXの場合はUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。
UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますけど、25ヵ月間契約が基本です。
それは、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。それに、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になる為、最後には、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

500円と聞くと大した金額ではありませんが、値引きは毎月の事ですので、お得感は積もり積もって大きいものとなります。

WiMAXを使用する時に、注意すべき速度制限は二種類存在します。まず、月間データ量による速度制限って言う、7G制限と言われているものがあります。

ふたつめが、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。

ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。でも、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。携帯型タイプのインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが多々あります。
具体例を挙げると、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。
速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、下り最大通信速度はわずか3Mbps程度です。この通信速度ですが、速度制限の掛かったWiMAXよりも低速です。ですから、速度制限は無いものの、WiMAXと比べると、速度制限がずっと続くようなものです。WiMAXサービスの月々の利用料金ですけど、なんと、契約先によって金額が異なります。例を挙げると、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が値下げされます。

それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですけど、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高くなります。こう言う感じで、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますから、それを理解した上で申し込み先を検討しましょう。

WiMAXの通信を行なう為には、専用の通信回線が必要です。次々と新しい端末が発売され、WiMAXはどんどん利便性が増しています。例を挙げれば、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。他にも、通信速度も年々速くなって来ています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が220Mbpsへと速くなりました。

UQ WiMAXの強みは、通信制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。他のモバイルインターネットサービスだと、速度制限が怖くて映画など見てられません。問題ない事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。それに対し、WiMAXなら堂々と映画が観れますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。
ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このインターネットサービスは、7G制限が行われない分、少しは使い勝手が良い点が特長となります。
そう言う点で、結構、インターネットの利用を行なうと言う人ならば、ワンプッシュ出来るモバイル環境と言えます。

7G制限が気がかりと言う方は、検討してみましょう。
PEPABO WiMAXと言うプロバイダは、通常3種類の料金プランが存在します。

28000円の高額な現金キャッシュバックが受け取れる通常プランや、WiMAXサービスの月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。その他、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。

 

不定期で、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、こちらはいつもある料金プランと言う訳ではありません。WiMAXサービスの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。

 

従って、auに連携したサービスがいくつかあります。その中で代表的なのが、auスマートバリューmineです。WiMAXサービスの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auの料金が安くなるサービスです。前々から気になっていたWiMAXサービスですが、色々と言われています。

例えば、通信が安定しないだとか、そう言うネガティブな書き込みもあります。にしても、WiMAXの通信環境は日々改善されています。
ですから、実際の状況と口コミの内容は、異なる事が多いです。

WiMAXに関する口コミを読む際は、古いものは信ぴょう性が落ちると認識しながら読みましょう。WiMAXの機器は、常に進化を続けています。
何よりも、通信速度の向上は目を見張るものがあり、今は、220Mbpsと言う脅威の通信速度を叩き出しています。とは言っても、最近は通信速度よりも、総通信量が重要視されている傾向が見られます。
新型WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。
その理由は、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、これが適用されやすくなったのです。

 

そういう理由から、製造会社や使用者としては、ここを意識しているのです。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末になります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信に対応しています。そして、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところな訳です。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。他にも、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。

言う間でもなく、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しつつの通信も可能です。

 

WiMAXサービスを提供するプロバイダですが、複数存在します。契約するプロバイダ単位でキャンペーンや契約内容が違いますので、その点、お気を付け下さい。

例として、ある程度の高額キャッシュバックと安心感の両方を希望する方は、BIGLOBE WiMAX 2+がお薦めです。つまり、選択したプロバイダによってお得感が変化しますから、契約先選びはきちんと行なう様にしたいものです。

 

Posted in it | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です