Jun

13

UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチなので

WiMAXのサービスの中で、最もサポート体制が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、トラブルが起きた際の対応も最も早くて的確で、サポート対応時間も一番長いです。

けれど、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店に申し込みをすると言う手段もあります。代理店ならキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが可能です。

WiMAX通信機は通常価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円も掛かります。

それなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の負担になってしまいます。ですので、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。(UQ WiMAXで確実に貰えるキャッシュバックをゲットから)

 

プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますので、そう言うプロバイダを選べば良いです。

WiMAXには料金プランが幾つかあります。

プロバイダ毎に少し異なるものの、大まかには2種類の料金プランがあります。その料金プランが何かと言うと、ギガ放題プランと通常プランと言う2種類の料金プランがあります。

ギガ放題プランの場合は若干月額料金が高くなりますが、それ以上にお得感あって、たっぷりと通信を行なう事が出来ます。

一方、通常プランは安いと言うメリットがあるものの、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。どんだけ通信量が必要なのかを検討しながら、2つの料金プランのうちの1つを選びましょう。WiMAXのサービスを提供しているプロバイダと、いくつか存在します。
契約するプロバイダ毎にキャンペーン内容が異なりますから、その部分は、注意が必要となります。
具体例を出すと、ある程度の高額キャッシュバックと安心感の両方を希望する方は、BIGLOBE WiMAX 2+がお薦めです。こう言った風に、それぞれの契約先で契約内容は違いますので、しっかりとしたプロバイダを選ぶようにしましょう。

WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところも存在します。
例を挙げれば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダのケースだと、DTI Club OffってDTI会員だけのオリジナル割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やテーマパーク、その他、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。

展覧会やミュージカルのチケット、美術館やカラオケなど、書き尽くせない程対応するサービスは幅広いですから、色んな人に価値を感じて貰う事が出来ます。
WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っており、そのバリエーションの豊富さも評判の秘密です。

 

それだけではなくて、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。なおかつ、保証体制もしっかりしていて、それが評判を支える大きな部分となっているのです。
WiMAXの良い所は、インターネットアクセスを無線通信で行なう事が出来ると言う特性にあります。無線を使用するので、好きな場所でインターネットを行なう事が出来ます。更には、WiMAX端末は小型ですから、持ち運び性に優れています。

諸々の点を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。そう言う理由で、プロバイダによってはWiMAXとタブレットをセット売りしているところもあります。WiMAXサービスに申し込むと、その機能性の高さに驚かされます。

自分が思ったのが、帯域制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、帯域制限でイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルじゃ無くなるのです。Speed USB STICK U01はUSBタイプの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な部分が特徴のWiMAX端末です。
その秘密は2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事によって、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。それに加え、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言った広い通信エリアに対応する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵していませんから、USBポートから常に給電しながら使用するタイプのWiMAX端末になります。
周知の通りWiMAXには通信制限がありますが、それほどハードなものではありません。ギガ放題プランにて契約すれば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。混雑回避の為の速度制限に関しても、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。帯域制限時であっても、動画を観る事が可能な通信速度はキープされます。
モバイルのインターネットサービスには、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。具体的に言うと、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。

速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、上り下りの最大通信速度は3Mbpsほどしか出ないです。この通信速度なのですが、速度制限時のWiMAXよりも低速になります。
そう言う理由で、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比較すれば、速度制限状態でずっとインターネットを利用するようなものです。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。この技術によって、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになるのです。
それに、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。WiMAX機器の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。
au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広いエリアで繋がります。
その上、800MHzのプラチナバンドを使用していますので、奥まった場所まで電波が行き届きます。難点としては、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。
WiMAXサービスの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。そんな理由から、auと連携したサービスが複数あります。その中でも代表的なものが、auスマートバリューmineです。WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスとなります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応し、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。

他には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の全く違うところと言えます。

 

新たにWiMAXサービスを導入した事で、私の生活は変わりました。一番変化が大きかった事は、スマホ通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンの通信量は消費しなくなったのです。
そう言う理由から、スマートフォンサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。最近のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTEはauの通信回線で、人口カバー率99%を超えると言う、かなり受信しやすい通信回線です。
800MHzと言った低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった場所にも電波が届きやすいのです。
今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も増えて来ています。WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、このネットサービスは、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。

と言う訳で、結構、インターネットの利用を行なうと言う人ならば、一番お薦め出来るモバイルのインターネットサービスと言えます。

 

速度制限を気にしてられないと言う方は、導入するのも良いでしょう。
WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると違約金を取られてしまいます。それだけ長期契約期間になっていますから、きちんとしたところに申し込みを行いたい所です。

うっかり見落とされがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。
カスタマーサービスの受付日が休日は非対応だったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダも少なくないですから、ちゃんと判断してから契約を行いたいものです。次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、通信のし過ぎには注意しましょう。他のモバイルインターネットサービスと比べると、WiMAXは緩めの速度制限の設定となっています。そうは言っても、速度制限が全く無いと言うことではありませんから、通信速度の対象となる基準は把握しておきましょう。
とは言え、速度制限に掛かってしまった場合であっても、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。

 

URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末ですから、バッテリーを内蔵していない関係から、使用用途は屋内使用のみに限定されています。
そんな部分はありますけど、可動式の高性能アンテナが外部に取り付けられていて、受信精度の高さがウリの一つとなっています。
その他、一度に16台もの機器をWi-Fi通信出来る上、2台の機器をLANケーブルで有線通信する事が出来ます。更には、WiMAX通信だけを使用するノーリミットモードに対応していますので、通信制限を気にせずインターネットを利用する事が可能です。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、普段は3種類の料金プランがあります。
28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。加えて、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。時たま、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもある料金プランと言う訳ではありません。
WiMAXサービスの月々の料金ですけど、実を言うと、契約先で料金が異なります。
具体的には、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が割引きされます。
なお、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですが、契約25ヵ月目からの月額料金は高くなります。

こう言った感じに、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますから、それを把握した上で申し込み先を検討しましょう。毎月の費用の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが存在します。驚くほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダであると言えます。
しかしながら、auスマートバリューmineに対応していませんので、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。また、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

今のネット業界の動向を見ていると、モバイルインターネットサービスの存在も無視できなくなって来ました。持ち運んで使用する事が出来ますので、とても利便性が大きいのが特徴です。使い勝手とは反対に、モバイルは通信状態の信頼性が乏しいところはあります。

 

そんなイメージとは裏腹に、現在のモバイル業界は環境の整備が整っていて、安定性への不安は払拭されています。

なので、そんなモバイルに対して、使えないと言う事は無いです。UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますけど、25ヵ月間の契約プランが基本です。なぜなら、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。

加えて、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結果、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、リーズナブル感はどんどん重なって大きくなります。

 

UQ WiMAXのサービスの醍醐味は、速度制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他のモバイルインターネットサービスだと、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。
平気な事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。

それに対して、WiMAXなら堂々と映画が観れますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX機器です。これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密なのですが、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションにあります。この3種類の電波のCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ている訳なのです。だけど、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。

 

URoad-StickはUSBタイプの軽く小型のWiMAX端末で、持ち歩き性が良くて便利です。URoad-StickをUSBポートに挿し込む事で、そこから給電しながら使用する事が出来ます。
難しい設定も不要で使用出来ますから、そんな簡便性が評判のWiMAX端末となっています。
使用可能な通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度となると110Mbps出力する事が可能です。nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。
キャンペーン対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類になります。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が可能となります。

 

WiMAX端末が手元になくても使用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良くなりますので、凄く人気のあるサービスとなっています。

 

 

Posted in it | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です