Jun

15

プロバイダで違いがあって

人気のWiMAXとは言えども、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。他のモバイルサービスと比べると、厳しい速度制限を設けていないのがWiMAXです。
とは言っても、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、どう言った場合に速度制限が掛かるのかを知っておくのは重要です。でも、万が一速度制限に掛かってしまっても、YouTubeの動画位なら普通に観れる通信速度は確保する事が出来る様にはなっています。WiMAXサービスの利用の際、料金プランが幾つかあります。

プロバイダで違いがあって、ざっくりと分けると2種類に分類する事が出来ます。

 

2種類の料金プランについてですが、通常プランとギガ放題プランです。
ギガ放題プランは月額料金が高いですが、料金分以上に通信を楽しむ事が出来ますお得な料金プランです。その点、通常プランは安いですが、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、2つの料金プランのうちの1つを選びましょう。(WiMAX端末を圏外表示からアンテナ表示させるには?より抜粋)
WiMAXの提供元となるのは、auのグループ会社のUQコミュニケーションズです。

従って、auと連携したサービスが複数あります。そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineです。

WiMAXサービスの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が割引きされるサービスです。

 

WiMAX通信を行なう為の端末は、日々進化を遂げています。中でも、通信速度が速くなり、今、最大の下り通信速度が220Mbpsに達しています。
とは言うものの、最近は通信速度よりも、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。

最新WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。
と言うのも、混雑を回避する為として3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、これが頻繁に課されるようになったのです。

その為、メーカーもしくはユーザー的には、ここを意識しているのです。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの契約を行なうと、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

 

対応するWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類になります。
nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。
WiMAX端末が手元になくても使用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。
PEPABO WiMAXには、普段は3種類の料金プランがあります。28000円の高い現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、月々の料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。

他に、ギガ放題プランを2年間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。

 

臨時的に、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもある料金プランと言う訳ではありません。

WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると違約金を請求されてしまいます。そんな長い契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約を行いたい所です。

 

うっかり見落とされがちな部分が、各申し込み先のサポートセンターの対応です。電話対応が平日のみだったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダもありますから、しっかりと判断してから契約を行いたいものです。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。

 

このセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。
月々500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。
その訳としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからです。

そんな理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。

合わせて、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの間でも、少し他と違うのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを提供しています。ですので、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の種類が、他のプロバイダとは全然異なります。
具体例ですが、3回線を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダでは提供されていません。WiMAXの強みは、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。

 

他社モバイルインターネットなら、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。
可能な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?そんな中、WiMAXなら普通に映画が観れますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、そんなに厳しいものではありません。ギガ放題プランにて契約すれば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はありません。また、混雑回避の為の速度制限も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。通信制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う部分が強みのWiMAX端末です。こんなに速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。この3波キャリアアグリゲーションですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ている訳なのです。とは言っても、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売しているショップには限りがあるので、選択可能なキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なう利点ですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が一つと言えます。その理由とは、So-netのインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言うところが好評なのです。

付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことを指し、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用出来て、最大で5台の機器までインストールする事が出来ます。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にインストールする事で、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々なリスクに対処する事が出来る点が、非常に嬉しいキャンペーン特典と言えるでしょう。光インターネットサービスが主流ではありますけれども、結構人気のモバイルインターネットサービスが出て来ました。

 

契約した建物内でしか使用する事が出来ない従来の固定回線とは異なり、とても利便性が大きいのが特徴です。

 

でも、モバイルのイメージとしては、通信状態の信頼性が乏しいところはあります。けれども、モバイルの整備は目まぐるしく進んでいますから、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。

ですので、モバイルだからと、侮れないです。
WiMAXの月々の料金ですが、実をいうと、契約先で金額が異なります。例を挙げると、Broad WiMAXは最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が値下げされます。
それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですが、申し込み25ヵ月目の月額料金は高くなります。

このように、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を検討しましょう。WiMAXを使用する時、注意する速度制限は二つあります。

一つめは、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限と呼ばれているものがあります。
ふたつめが、混雑回避の為の速度制限って言われるものです。ギガ放題プランで契約することで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除になります。
しかしながら、混雑回避の為の速度制限は適用されます。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。

加えて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しながらの通信にも対応しています。家電量販店にて、光回線のサービスを店員さんから勧められました。

 

ですが、私はWiMAXを使用していますし、勿論ですが、必要ないものです。

販売員に必要ないと伝えたところ、呆れるような返事が返って来ました。

 

WiMAXなら、天気が荒れてる時の受信は落ちるでしょう?ですけれど、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、天気悪化でWiMAXが使えないと言う経験はいまだかつてありません。
大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXの通信速度が落ちたり等と言った経験は一度足りともありません。WiMAXサービスと契約を行う時、色々なキャンペーン特典を獲得出来ます。中でもお勧めなのが、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスでしょう。
UQ WiMAXでしたらUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXの申し込みを行なうと、月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貰えます。
貰えたGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が可能です。
BBウォレットの残高に現金を入れておくと、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用されます。

その他、GMOポイントは約2万店の提携店の通信販売で現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに使用する事も可能です。WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、このサービス、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。
って事で、たっぷりとインターネットを楽しもうと思っている方にとって、特に一押しのモバイルインターネットサービスと言えます。

 

速度制限が気がかりでモバイルを諦めていた方は、考えてみてはいかがでしょうか?WiMAXのサービスを提供しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているとこもあります。
例を挙げると、DTI WiMAX 2+ってプロバイダのケースだと、DTI Club OffってDTI会員だけのオリジナル割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やレジャー施設、その上、温泉施設やインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。
映画のチケットやミュージカル、美術館や展覧会など、書き尽くせない程対象となるサービスは幅広いですから、さまざまな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。
次々と登場するWiMAX端末の種類は多く、WiMAX端末のスペックは徐々に上がって行っています。具体例を言うと、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が導入されました。

 

加えて、通信速度の向上が目まぐるしいです。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入され、通信速度が220Mbpsへと速くなりました。
WiMAXの契約先となるプロバイダは、複数存在します。
契約するプロバイダ単位でキャンペーンや契約内容が違いますので、その辺り、留意する必要があります。例を挙げると、様々なネットサービスを無料で利用したいと考えている方は、PEPABO WiMAX 2+が合っています。こんな感じなので、契約先となるプロバイダによりお得感に差が出ますから、ちゃんとプロバイダ選びは行いたいものです。UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が基本です。
その理由は、25ヵ月間縛りの契約をする事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。加えて、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になるので、終いには、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですので、お得感は積もり積もって大きいものとなります。
WiMAXサービスの中において、一番サポート体制が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対してデータベースを一番持っていますし、問題が起きた際の対応も最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も一番長いです。

だけども、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店と契約をすると言う手段もあります。代理店だとキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。WiMAXの特性としては、無線通信でインターネットを利用出来ると言う利便性が挙げられます。無線を使う形なので、固定回線のように契約くした住所に縛られる事がありません。
加えて、WiMAX機器はポケットサイズですので、持ち運び性が高いです。
諸々の点を考えると、タブレットとの相性が最高です。
ですので、WiMAXのキャンペーンの中にはタブレットの無料プレゼントが行われている所もあります。WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルセットで22750円もします。結構な値段となりますので、WiMAX契約の際の負担になってしまいます。そんなわけで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますから、そう言うプロバイダを選べば良いです。

近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの通信回線で、人口カバー率が99%を超える、とても受信しやすい通信回線なのです。

800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった場所まで電波が届きやすいです。

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大して来ています。

Posted in it | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です