Jun

18

難しいセットアップも不要で使用出来ますから

WiMAXサービスは料金プランが幾つかあります。
プロバイダ毎に違いがあるのですが、大まかに分けると2種類の料金プランが存在します。
それは、ギガ放題プランと通常プランと言う2種類の料金プランがあります。
ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。

対して、通常プランは月額料金が安いですが、速度制限の規制が厳しくなるので、その部分は注意が必要となります。
1ヵ月間の通信量が7GBを超えるかどうかを目安にしながら、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。URoad-StickはUSBタイプの軽くコンパクトなWiMAX端末で、持ち歩き性が良くて利便性が高いです。
URoad-StickをUSBポートに接続することによって、給電しながら使用する事が出来ます。
難しいセットアップも不要で使用出来ますから、そう言う簡便性が人気のWiMAX端末となっています。使用可能な通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が可能です。(Broad WiMAXの評判はどれくらい?メリットは?にて)

 

WiMAXサービスの評判について調べていると、良い意見も悪い意見もあります。

例えば、全然実用レベルではないだとか、そんな批判的な意見もあります。

とは言うものの、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。と言う事で、現状とは状況が異なるケースが多いです。WiMAXについて口コミサイトを調べる際には、いつの口コミなのかを把握しながら読む癖を付けましょう。
月額料金の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが存在します。二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けない中であれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダと言えます。
だけど、auスマートバリューmineには非対応ですので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダになります。

また、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機としてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回り広いエリアでの通信を行えます。
その上、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の全く違うところと言えます。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特徴には、月額料金が安い点があります。その分初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。契約から25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。

URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX端末なので、バッテリーを内蔵していないので、利用用途は屋内使用のみに限られています。
そんな面はありますが、可動式の高感度アンテナが外部に取り付けられており、受信性能の良さが特徴の一つとなっています。

その他、一度に16台もの端末をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線接続する事が出来ます。

なおかつ、WiMAX通信のみを利用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。WiMAXを利用する際には、注意すべき速度制限が二つあります。
まず、月間データ量による速度制限、俗に言われる7G制限と呼ばれているものがあります。
ふたつめは、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。

 

ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除になります。

しかしながら、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。
WiMAX端末は通常の値段が20000円しますし、クレードルセットで22750円もします。
結構な金額になりますので、WiMAX契約の際の足かせになってしまいます。そんな訳で、それぞれのプロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そんなプロバイダを選ぶと良いです。

WiMAX機器は、日々高性能化されています。何よりも、通信速度が速まり、今の時点で、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。さりとて、近頃は通信速度よりも、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。
新型WiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。と言うのは、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、これが厳格になってしまったのが原因です。
ですから、製造会社及び使用者としては、ここを意識しているのです。

 

ちょっと前から、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。例を出せば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。また、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入してます。どっちの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。

WiMAX機器は、年々新しいものが開発されます。

それぞれによって性能が違い、スペックも異なります。中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売でしょう。

 

このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズです。

って事で、auに連携したサービスが複数あります。その中で特徴的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスです。WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。WiMAXを取得すると、WiMAX本体しか必要ないので、屋内がさっぱりします。光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。
モデムには月々レンタル料金が掛かり、毎月の料金に上乗せされます。手段として、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますが、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。
WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を請求されてしまいます。それだけ長い契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約をしたい所です。
意外と見落とされがちなところが、各申し込み先のサポートセンターの対応です。

コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすれば、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貯まります。貰えたGMOポイントはBBウォレットと言うサービスで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用する事が可能です。BBウォレットの残高にお金を入れておくと、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。その他、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりとして利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに利用する事も出来ます。WiMAXサービスを利用して感じる利点は、いくつか思い浮かびます。
具体例を挙げると、無線の通信回線ですので、どこにいてもインターネット回線へのアクセスが可能です。

 

次に、無線のネット回線なので、インターネットの回線工事が必要ないと言う点が挙げられます。そして、モバイル回線って事で、低負担のインターネットサービスと言えます。
はたまた、速度制限の規制が厳しくないと言う点も、WiMAX人気に通じる部分と言えます。Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。この結果、下り最大の通信速度が従来の110Mbpsから、倍の220Mbpsとなる訳です。そして、Bluetoothにも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングをする事が出来ます。
So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの申し込みを行なうメリットですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が一つとして挙げられます。
その訳は、So-netが提供するインターネットサービスはWiMAXのみに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点が好評なのです。付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことで、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用可能で、最大5台の機器までインストールする事が可能です。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティと言うソフトを機器内にインストールする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの様々なリスクに対処する事が出来る点が、非常にありがたいキャンペーン特典と言えます。WiMAXの特性としては、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。無線を使用しますから、場所に囚われる事無く、広いエリアでのインターネットが可能となります。
それに加えて、WiMAX機器はポケットサイズですし、持ち運び性が高いです。
そう言う点を考えると、タブレットとの相性が良いです。そう言う部分から、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。

WiMAXのサービスの中で、一番サポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、トラブル時のフォローも最も迅速かつ的確で、電話サポートの受付け時間も一番長いです。だけども、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店と契約をすると言う方法もあります。
代理店だとキャンペーンの中身がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。Broad WiMAXは株式会社リンクライフが運営するWiMAXサービスで、特に月額最安プランと言う料金プランが特徴的です。

月額最安プランと言った料金プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる点にあります。

とは言え、一定条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結局のところ初期費用を支払う必要がありません。
なおかつ、いつでも他のインターネットサービスに乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で契約したその日中に発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX機器で、下り最大通信速度として220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

その秘密ですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて使用する事によって、今までの倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
他にも、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が可能です。Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵してませんので、USBポートから常に給電しつつ使用するタイプのWiMAX端末となります。PEPABO WiMAXは、通常は3種類のプランがあります。
28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、月額料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。

更に、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。
臨時的に、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランではありません。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

なぜなら、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからなのです。
そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。
他にも、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。電気屋で、光回線を勧められました。

 

でも、WiMAXを使っている私ではありますし、当然、光回線を検討する事はありません。

店員に対してそう言う回答をすると、想定外の答えをされました。

WiMAXなんて、天候が荒れたら受信が悪くなるでしょう?でも、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、強風でWiMAXが使用不能となる日は一度もありませんでした。強風で大荒れの天候の日もありましたが、WiMAXへの悪影響は経験した事がありません。

WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開していて、そのバリエーションの豊富さも評判の秘密です。

だけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由は、業界でも最高額のキャッシュバック特典が挙げられます。
なおかつ、保証内容もしっかりしているので、そう言った点が評判を支える大きな要因となっているのです。
WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。月々500円のサービスですから、6000円くらいのお得感になると言えます。UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますけど、25ヵ月間の契約プランが一般的です。
と言うのも、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。
また、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になるので、おのずと、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

500円と聞くと高額な金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、お得感は毎月重なって大きくなります。

確かにWiMAXには速度制限がありますが、そんなにハードなものではありません。
ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。速度制限時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。

Posted in it | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です