Jun

22

GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、Broad WiMAXと言ったプロバイダが存在します。

 

Broad WiMAXの強みには、月額の利用料金が安い点が挙げられます。その分初期費用が高いのですけれど、クレジットカード払いの人は初期費用がタダになるキャンペーンが行われています。
契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長く契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。
最近は、WiMAXサービスのプロバイダの中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ました。
例として、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。

あとは、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。どこの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約をすれば、月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貰えます。貯まったGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用する事が出来ます。BBウォレットの残高にお金を入れておけば、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。(Broad WiMAXの月額最安プランは本当にお得!?より)

 

そして、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりとして利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに使用する事も可能です。
毎月の費用が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXが挙げられます。圧倒的に月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言えます。しかしながら、auスマートバリューmineには非対応ですから、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダになります。更に、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

WiMAX通信に対応した機器の大きさは、スマートフォンよりも小型です。なので、外に持ち出せます。
ポケットに入り切る大きさですし、重さや厚みは大した事なく、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。

ワイマックスルーターは、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。
そう言う事で、ワイマックス対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用する事も出来ます。WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線に対応しているものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う通信回線で、広いゾーンで繋がります。それから、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、奥まった部分にまで電波が行き届きます。
その一方、一度でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。
UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますけど、25ヵ月間の契約プランが一般的です。それは、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。それに、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用されるので、結果的に、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、お得感は積もり積もって大きいものとなります。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。
発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが広がっています。他には、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応してて、充電しながらの通信にも対応しています。
WiMAXの月々の料金ですが、なんと、契約先で金額が異なります。
例として、Broad WiMAXは最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が値下げされます。

はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高くなります。

こう言う風に、各契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を検討しましょう。携帯型タイプのインターネットサービスは、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。具体例を出すと、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。このサービスは確かに速度制限はありませんが、上り下りの最大通信速度は3Mbpsほどしか出ないです。ぷららモバイルLTEの通信速度ですが、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。従って、速度制限が無いとは言っても、WiMAXで比べると、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。

WiMAXと契約を申し込む際、色々なキャンペーン特典を獲得出来ます。中でも嬉しいのは、公衆無線LANが利用可能になるサービスです。

UQ WiMAXだったらUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスになります。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX機器です。

こんなに速い通信速度を出す事が可能になる理由は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションにあります。
この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を同時利用する事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現出来ている訳なのです。
しかし、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。

 

UQ WiMAXの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。

 

他社のモバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。問題ない事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位でしょう。
それに対し、WiMAXだったら堂々と映画が視聴出来ますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。電機屋にて、店員から光回線の勧誘を受けました。WiMAXを既に使用している私ですし、ご想像の通り、そんなものは不要です。と言う事で、断りの意思を伝えたのですが、呆れるような営業トークをされました。WiMAXって言えば、天候によって受信具合が左右されるでしょう?なのですが、3年間WiMAXを使用して来た経験上、強風でWiMAXが使用不能となる日は一度もありませんでした。豪雨の中であっても、WiMAXへの影響は何も見られませんでした。
WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円もします。

結構な金額となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。なので、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますから、そう言うプロバイダを選べば良いです。

WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超える、非常に繋がりやすい通信回線です。
800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所にも電波が届きやすいです。今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大して来ています。WiMAXを使っていて感じる利点は、いくつかあります。具体例を挙げると、無線の通信回線ですので、どこにいてもネット通信を行なう事が出来ると言う点です。
二点目が、無線なので、インターネットの回線工事は不必要です。また、インターネット開通工事が不必要と言う事で、安価でインターネットサービスを利用する事が出来ます。

 

更に、帯域制限の規制が緩いと言う点も、WiMAXの評判に繋がっています。
WiMAXサービスとの契約期間は25ヵ月間契約の自動更新型が一般的で、契約期間内に解約手続きを行った場合は契約解除料が請求されてしまいます。最初の13ヵ月間の契約解除料は19000円請求されてしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の間の契約解除料は14000円、26ヵ月目以降となる契約解除料は9500円になります。
ですけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料は厳しめで、最初の25ヵ月間の契約解除料の設定金額は24800円、26ヵ月目以後の契約解除料は9500円になります。しかしながら、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合には契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんので、ひとえに厳しいとも言い切れません。
インターネットの新しいサービスは次々と出ていますが、モバイルインターネットサービスのラインナップがどんどん増えています。契約した住所でしか使う事が不可能な固定回線とは違い、利便性の高さが大きい印象を受けます。使い勝手とは反対に、モバイルは通信状況の信頼性が欠ける感じはあります。とは言え、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、インターネットを安定して楽しむ事が出来るようになりました。

 

って事で、モバイルの安定性は、決して使えないと言う事は無いです。WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。

新しいWiMAX端末が次々と発売されていて、新しい機能を持ったものが次々と出ています。例を挙げれば、WiMAX回線を使った通信しか出来なかったWiMAX端末に、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。

その上、通信速度が毎年速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速まりました。WiMAXサービスの契約の際は、料金プランの選択が必要です。

プロバイダで違うので一概には言えませんが、大きく分けて2種類の料金プランがあります。
その料金プランとは、ギガ放題プランと通常プランと言う2種類の料金プランがあります。
ギガ放題プランを選ぶと月額料金が少し高くなりますが、7G制限の無いお得な料金プランです。対して、通常プランは安いと言うメリットがあるものの、速度制限の規制が厳しくなるので、その部分は注意が必要となります。
自分のライフスタイルに合わせて、どちらの料金プランにするかを考えましょう。

WiMAXサービスの魅力としては、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。

 

無線ですし、どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります。なおかつ、WiMAX機器はポケットサイズですので、持ち運びに向いています。

 

そんな部分を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運ぶと良いです。

 

ですので、WiMAXの契約の際にタブレットとのセットを購入するのも良いでしょう。

WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところもあります。

具体例を出せば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club OffってDTI会員だけの独自の割引特典が付いて来ます。

DTI Club Offとは、日本全国にある旅館やレジャー施設、加えて、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。
映画のチケットや展覧会、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスは幅広いですから、幅広い方に価値を感じて貰う事が出来ます。

WiMAXサービスのプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのバリエーションの多さも評判の秘密です。
ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな理由は、業界最高額のキャッシュバック特典にあります。更に、保証内容もしっかりしているので、そう言った点が評判を支える大きな部分となっているのです。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの間でも、ちょっと他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが大半なのですが、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。
なので、3WiMAXではラインナップされているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全く異なります。
具体例を出すと、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダには提供されていません。Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。その秘密ですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて利用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。そして、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言った広い通信エリアに対応する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵してませんので、USBポートから常に給電しつつ使用するタイプのWiMAX端末となります。Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、その中でも月額最安プランが特徴的だったりします。
月額最安プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる部分が挙げられます。
ただ、一定の条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結果的に初期費用は支払う必要が無くなります。

その上、好きな時に他のインターネットサービスに乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特性になっています。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

 

その訳としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからです。そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。また、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策がしやすくなりました。WiMAXサービスを提供するプロバイダですが、幾つかあります。契約するプロバイダ毎にキャンペーン内容が異なりますから、その辺り、気を付けましょう。例を出すと、長く契約期間を続けるなら、Broad WiMAXと言うプロバイダが最もお得な月額料金になります。
このように、契約先となるプロバイダによりお得感に差が出ますから、それぞれのプロバイダのキャンペーン内容をしっかり調べるようにしたいものです。
WiMAXを購入すると、WiMAX本体しか使わないので、屋内がすっきりします。
光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは月々レンタル料金が掛かり、月額料金に追加課金されます。

手段としては、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますが、無線カードを使用する月はレンタル料金を請求されてしまいます。

Posted in it | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です