Aug

21

美肌に導くスキンケアには意味がある

スキンケアで気をつけることは汚れをきちんと落とすことと、たっぷりの保湿です。

お肌には目に見えない油分や汚れがついているのですが、これらを落とさないと雑菌が繁殖したり酸化して毛穴が詰まったりします。
脂の汚れは脂で落とすと言われるように、ファンデーションなど油性である化粧品は専用のクレンジング剤を使って落とさなくてはいけません。

ただし、化粧品の油分と大気中の含まれる汚染物質が合わさると、化学変化を起こして肌荒れの原因になることもありますから要注意ですね。

クレンジングや洗顔はスキンケアの基本です。
お肌を畑に例えると、耕す作業と育てる作業がスキンケアにあたります。
きちんと耕された畑でないと水はけが悪いのと同じで、お肌も化粧水で保湿ができていないとキメが乱れた荒れた肌になりやすいし、その後に美容液を塗っても吸収が悪いのです。
キメが荒い肌も保湿で整える事ができるくらい肌に与える影響は大きいですし、良い肌を育てるためには保湿は絶対条件です。

化粧水で保湿した後蒸発しないように乳液で蓋をするというのが定説なのですが、一方で乳液不用説もありますから、自分のお肌の状態で決めてもいいと思います。

私は小じわになりやすそうな目の下にだけ乳液をつけますが、全体につけていたころよりお肌の調子はいいです。
引き算するスキンケアもお肌に必要かもしれませんね。
でもお肌にも個性がありますから、乾燥肌なら水分と脂分がバランスよく含まれた乳液もきちっと付けることをお勧めします。

http://クリーミュー楽天は.xyz

Posted in 未分類 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です