Aug

26

夏太りの原因について

暑いのだから、汗をかくし痩せるはずだよね…と思いがちですよね。
じゃあ、原因は…?

体を冷やしすぎてしまうことだと思います。暑いから、どうしても冷たいものを食べたり、飲んだりしたくなりがちです。
アイスクリーム、アイスコーヒー、そうめん…体内の熱を奪ってくれます。

さて、そうなるとどういうことが起こるか?
暑さを吹き飛ばしてくれますね。それがほんの一時的な場合であれば大丈夫なのですが、継続されてしまうと夏バテの状態になってしまいます。

冷たいものを取り続ける

体内の熱が下がる

代謝が下がる

夏バテ状態

夏太りや体調不良

1番大きな原因は、そこにあると思います。

実は私も経験があります。
高校生くらいの時に夏休みになるといつも夏バテをしていました。暑いので、どうしても冷たい麦茶やスイカ、アイスクリームを食べちゃいます。
だから、ご飯がちゃんと食べられない。そして、暑さでの睡眠不足も加わって体が怠くなる…悪循環ですね。

汗をかきたくないし、動きたくなるとむくんだり体力も落ちます。

社会人になり、夏バテをしているとお仕事にも支障をきたします。
それを改善するためにも対策をいろいろ考えました。

先ずは…

・冷たいものをなるべく避ける
→真夏でも温かいもの、常温のものを摂取する(アイスコーヒーをやめてホットコーヒーに、冷たいそうめんはにゅうめんに)

・身体を冷やさない
→外出する時も必ず羽織りものを持参(室内外の出入りからの気温差に気をつける)

・ストレッチなどで基礎代謝を上げる
→深呼吸をしながら、リンパ節を中心にリラックスして行う(睡眠不足やむくみの解消)

などなど…

たまには冷たいものも飲んだりしたいので、何日かに1回はOKにしています。
そして、涼しい時間帯を見計らって買い物や用事など、片道2~30分であれば歩いてみる。
きちんと自分で汗をかく努力は必要だと思います。

夏太りだけではなく、体調改善もすることが出来ると思います。

http://xn--ndk6bvc593pj7dth.xyz/

Posted in 未分類 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です