Nov

28

エイベックスオーディションのキッズ部門

エイベックスオーディションには、キッズのためのオーディションがあるというのを、ご存知でしたか。
私は、つい最近まで知りませんでした、エイベックスオーディションに子どもも出ることができるなんて。
エイベックスオーディションのキッズ部門では、いろいろな分野できらっと光る子どもたちを発掘しようという試みがされているようです。
キッズのためのエイベックスオーディションにおける部門について挙げると、歌部門、ダンス部門、モデル部門、エンタメなんでも部門などがあるようですよ。
各部門に自信がある元気なキッズたちが、エイベックスオーディションに集まって来るのです。
なんだかエネルギッシュで楽しそうだし、私もエイベックスオーディション、見に行きたくなっちゃいました。

エイベックスオーディションのキッズ部門は、毎年開かれているようですね。
エイベックスオーディションのキッズ部門は、年齢によって分かれていて、3才から小学校6年生までの部と、中学生の部の2つがあるようです。
高校生以上になると、一般的なのエイベックスオーディションを受けるということになるみたいですね。
しかもこのキッズのためのエイベックスオーディション、全国各地で開かれているみたいです。
確かに、きらっと光る逸材は、首都圏だけにいるわけではないのですから、エイベックスオーディションが全国で開催されるのもうなずけます。
都会にあこがれる子どもたちがエイベックスオーディションに通過して、自分の実力を試したいと考えるのでしょうね。
それにしても、エイベックスオーディション、3才から受験できるというのもすごいです。
私の息子はまだ1才ですが、息子とそう年の変わらない子どもたちも、エイベックスオーディションにチャレンジできるというわけですね。

エイベックスオーディションを受けたいと考える子どもたちのなかには、親には内緒で受験する場合もあるようです。
主な理由は「反対されるから」ということみたいですが、もし晴れてエイベックスオーディションに合格しても、親御さんに認めてもらえなければ話しになりません。
ですから、エイベックスオーディションに申し込む前に、もう一度よく、親御さんと話し合うことが大切だと私は思いますよ。
事後報告はおススメできませんね。
エイベックスオーディションは、大手芸能プロダクションであるエイベックスの主催するオーディションなので、親御さんの不安も少しは軽くなるのではないでしょうか。
エイベックスオーディションに全力で挑むためにも、家族の理解を得てからにしましょうね。
赤ちゃんモデル

Posted in エンタメ | Tagged , | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です