Dec

25

メタボリックメモリーについて

メタボリックメモリーという言葉をご存知ですか?「代謝異常の記憶」といわれ、資料をひもとくと、「過去の一定時間にさらされた環境によって代謝機能に生じた変化が、細胞内に記憶されたかのように長期的に持続する状態を表したもの」と掲載されています。
いったん糖尿病になって長年高血糖状態を過ごした人が、血糖値を正常値に改善した数値を保っていれば、もはや糖尿病の合併症を起こす危険はないと思われます。ところが、、体にはあたかも「血糖値が高い記憶」がそのまま残り、その結果、現在、血糖値に問題はないのに合併症が起こることがあるのです。
なぜ、メタボリックメモリーが生じるのかは、まだはっきりとは解明されていません。しかし、早めの時期からしっかりと血糖コントロールに取り組むことが有効な対抗手段であることは明らかになっています。重篤な合併症を起こした場合の5年生存率は50%。命を落とさないためにも、血糖値が高い人は、今すぐに血糖コンロールを始め、メタボリックメモリーが生じないようにしてください。
荒木裕の公式ホームページ

Posted in 健康 | Tagged | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です