Apr

25

外壁塗装の種類を学ぼう

外壁塗装には種類があり、それぞれに特徴があるので、依頼する際にはそれを見極めて決める必要があります。塗料には色といったものもありますが、それ以上に耐用年数や単価に違いがあります。塗料の種類は大まかにアクリルにウレタン、シリコンにフッ素と4種類、さらに特殊なタイプとしてラジカルや光触媒、無機といったものがあります。最も安いのはアクリルによる塗装で、耐用年数は5~7年ほど、ウレタンはシリコンより高めになりますが、耐用年数も8~10年ほどと長くなります。最近ではこの2つの塗料が使用されることはほとんどなく、一般的には扱いやすいシリコン、または耐用年数の長いフッ素が採用されています。フッ素は耐用年数が最長で20年保証されることから、長期的に家を保護したいという人に人気があります。しかし、基本的に耐用年数が長くなるほど高価になるため、家の外壁塗装工事の費用対効果として耐用年数10~15年ほどのシリコンが最も採用率が高くなっています。同じシリコンでも1液と2液の種類に分かれ、1液は缶を開けてそのまま濡れるタイプですが、2液タイプは硬化剤と混ぜることで塗れるようになります。手間がかかる反面、耐久性も2液の方が優れているので業者の場合はこちらを使用しています。

Posted in 生活 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です