Jul

21

首イボの懸垂性線維腫ってなに?

首イボの懸垂性線維腫は首等に生まれた良性のいぼが垂れ下がってしまったようになったものなのです。お肌の一部が変貌したもので、年齢と共に増大することがほとんどですただし人それぞれで、お年寄りでもほとんどできない人もいらっしゃいますから遺伝的なファクターも影響を及ぼしているとなると考えられます。

ウイルス性は持ってなくて他人に感染したり、他の部位に伝播しません。アクロコルドンやスキンタッグと比べると少しデカくなったものを懸垂性線維腫として線引きしています。

ケアははさみで元から断つ手法が殆どです。痛さはあまりなくて麻酔は必須としていません。また液体窒素を使ったり、電気メスで根こそぎ断つなどのやり口もあります。

皮膚科に打ち合わせし傷跡が残りにくいものをセレクトしてください。年を取れば大きくなりやすいため早目に取り除いたほうがたやすく取り除けます。

最近ではそういった要望に応えようと、色々なクリニックで工夫もているようです。お近くの皮膚科へのご相談をおすすめします。老人性イボは皮膚科がいいの?

Posted in 美容 | Tagged , | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です