Aug

20

健康診断でよく目にする「BMI」って?

学校や会社の健康診断結果で「BMI」という数値は必ずといっていいほど目にしますが、みなさんはこのBMIがどういうものか、ちゃんと把握していますか?

このBMIとは、正式にはボディマス指数と呼ばれていて、体重と身長の関係から算出する「肥満度を表わす指数」の事です。

体重に見合った体重かどうかがわかる、ということですね。

計算式としては、体重(kg)÷身長(m)の2乗 で求めることができます。

基準が22で、それ以下だと痩せ気味、それ以上だと肥満傾向と判定されます。

WHO(世界保健機構)の判定基準によると、

16未満・・・痩せすぎ
16~17未満・・・痩せ
17~18.5未満・・・痩せ気味
18.5~25未満・・・普通体重
25~30未満・・・肥満予備軍
30以上・・・肥満

と判定されます。

単純に身長と体重の関係から得られる指標ですので、あくまでも指標のひとつに過ぎませんが、参考にはなる値ですね。

BMIに関しては、肥満傾向の人だけでなく痩せ傾向の人も、数値がなかなか上がらずに悩むことがあります。

対策としては、食事をきっちりととったうえで筋トレなど適度な運動が必要になります。

体重を効率的に増やす手段としては、「HMBを含むサプリメント」などを利用するのも有効な手段だと言えます。

痩せている人の筋トレ法としてはこのサイト「バルクアップhmbプロ→HMB極 乗り換えたガリ男の効果w」なども参考になるでしょう。

 

Posted in 健康 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です