Feb

25

花粉症の症状

花粉症はスギやヒノキの花粉によって引き起こされる病気の一種です。
毎年、春先になると今年の花粉の飛散予想が出てくるほど、今では国民病とされています。

でも誰でもがなるわけでもありません。やはり個人差があります。
といって今は花粉症でない人はこれからもならないということは言えません。

子どもが花粉症になりにくいというのはやはりどのくらい花粉を吸ってきたかということに関係してきます。

5,6年しか花粉を吸っていないという人より、数十年すってきた人の方が花粉症になりやすいのは当然のことです。

花粉症は異物である花粉が体内に侵入します。
侵入したときに、排除しようと物質を作ります。その物質、すなわち抗体ができると、花粉が体内に入って来たときに、その抗体と結合します。

その結果、化学物質が分泌され、花粉を外に排泄しようとします。

それがくしゃみ、鼻水、涙という症状を引き起こすわけです。
くしゃみで吹き飛ばす、鼻水、涙で流す、鼻ずまりで花粉をガードするといったのが、その役割になります。

 

花粉症対策 酵素

Posted in 健康 | Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です